スポンサードリンク

雄弁家の晩年

雄弁家というと、どういった印象がありますかね。

お笑い芸人や政治家といったしゃべりを職業にしているような、
そんな印象なんですかね。

ま 営業やっている人なんかはこのタイプが多いかもしれませんよね。

契約をとってくるんだから、相手を納得させる話が出来ない事には、
それこそ話になりませんからね。

私の知るリフォーム会社なんか、ライバル会社からこの営業部隊を、
チームごと移籍させましてね。

売り上げのケタが変わったんだそうですよ。売り上げのケタが。

まぁ 純利はどうなってんだか知らないですけど(苦笑


ところで、この雄弁家なんですけどね。

年取って爺様になると、なんですけどね。

当然、だんだん口がまわらなくなってくるじゃないですか、若い時ほどは。

それこそ、言葉も出てこなくなるし、クッチャクッチャと活舌も悪くなります。

ま これは自然の摂理というか、そりゃ体力も衰えるわけだし
しょうがないわけですよね。

でも、この雄弁家の人ってのは、認めないというか、譲らないです。

雄弁家が話していて、言葉に詰まるじゃないですか。

若い時のように、しゃべりが滑らかでない、
でも気持ちは前のめり。

そういう時、話を聞いているまわりの人間が、相槌がてら、
助け舟というか、先回りして言葉を足すじゃないですか。

「あの~ほら、有名人を追いかけてまわるマスコミがいるじゃない、
 あの連中が云々」

「パパラッ・・・」

「そうそうそう。だからそうなんだよな、な」

とパパラッチと言い終えるか、終えないかのタイミングで、
被せてくるわけですよ。

『それ、俺が言おうと思ったんだよ!』ばりの被せで、ねじ込んできます(苦笑

認めない。

それだけは認めない。

けっして、言葉が出てこなかったのではない。

今から俺が言おうと思っていたのだ。

雄弁家ってこの方向性で、ピントを合わせます。


まぁ 本人は強引に自分でレール上で話が進んでいるのだろうけど
話、ですから聞き手の捉え方ですからね、最後は。

雄弁かどうかは元より、聞き手が判断する事ですからね。

でも、雄弁家の自信は揺るぎないものなんだよなぁ。


なんか、気持ち悪さすら感じるんだけどなぁ、そういうの。

美魔女くらいの違和感すらありますよ。

『老い、認めない!』って。


アンチエイジングなんだろうなぁ~


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

コミュニケーションが上手だし、求める生き物

重婚なんて言われている中川議員ですが、
写真まで出ちゃって物凄いスキャンダルですよね。

あのブライダル写真(?)近しい人しか持ってないはずですからね。


見事に刺された、というね。


これによって、森友学園問題も吹き飛んでしまいました。

ついでに、昭恵夫人問題まで吹き飛びました。。。

ちなみに、『昭恵夫人』と検索しようとすると、
候補に、『昭恵夫人 バカ』と頭に出てきました。

中川議員では、そんな風には出てこないです。

昭恵夫人の問題というか、何というのか、
そういったものとは本質が違うのだなと理解ができます(苦笑

さて、

話を戻して、今回の中川議員問題は不倫です。

政治家の不倫問題って多いですが、
そもそも、問題が起きたときの対応が微妙です。誰も彼も。

私、思うのですが、こういった問題、特に女性問題が表沙汰になったときの対応の仕方、
これで、仕事が出来不出来に直結しているような気がします。

我々、一般社会でも不倫は結構あると思いますが、
そもそも仕事が出来る人は、対応上手ですもん。

付き合い方もキレイだし、優しいし、マメ、
カネ払いも良く、ケチでない。

こんなような感じです。

だから不倫相手も、別れた後、売ったりしない(笑

ま 相手を選ぶ、っていう基本的な事が出来ている、
という事もあるんでしょうけどね。。。

基本的には仕事が出来る人ってのは、好かれますよね、人として。

だから、女性も放っておかないのだろうと思うんですよね。

逆にいうと、だから、カネも放っておかないのかもしれない。

でも今回の中川議員問題もそうなんですが、脇が甘いなんてレベルではない気がします。

理性もそうだし、もうね、下半身に全部血がいっちゃってるから
頭が回ってないレベルです(苦笑

きちんとした付き合い方をしてないから、と言ったらちょっと語弊がありますが、
キレイに付き合わないから、どっかから刺されるわけで。


そんな簡単に女性は捌けないし、女性はナメたら痛い目を見る。


結局、ヒトとしてしっかりしているから、女性関係も上手だし(モテる)
仕事も出来るという気がします。

仕事が出来ないのに、モテる人というのは、カネ持ってるか権力あるか、
超イケメンか、です。

権力ある人はカネも持っているけれども。

ま 分不相応というか、付け焼刃的にモテると是正されるんですよ、
問題が表面化して。

そういう意味では、今回の中川議員問題は
ふるいにかけられて良かったじゃないですかね。

あの堂々と楽しむ様子のブライダル写真(?)見る限り、
期待はできないと思うんですよ。

中川議員の仕事には。


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

俺は特別だ!

自慢話が好きな人というのは一定数いるわけですが、
聞かされる方としては、ツマらないというか、
相手の浅はかさとか軽さみたいなものを感じてしまいます。

その事によって相手は株を下げている事に気づいてないという、
悲しい現実であります。

まぁ 個人的には自慢話って何だか、小さな子供が、
「ねぇ、見て見て」と言っているようで、微笑ましかったりするわけですが(笑

そうそう、先日もこんな事がありやしてね。

私、今、歯医者を探しているんですよ、歯医者。

商売的には激戦である、デンタルクリニックですよ。

私が通っていた所の医院長が、何と、お亡くなりになってしまいまして、
まだ40代とお若いのに・・・

それで、私も何とか気持ちに区切りをつけて、『次を』探そうと、
で いろいろな人にリサーチかけているわけですよ。

で 私が行く先々でリサーチかけている中で、
ある人に例のごとく聞いたわけです。

『歯医者、どっか良いところありませんかね』みたいな。

そうしたら、その人、こう言うわけです。

「歯医者ねぇ・・・合う合わないがあるよねぇ・・・
 俺は、有名病院の有名な医者に特別対応でやってもらってるからね~
 金額もそれなりに高いんだけどね~。まぁ俺は会社やっているから、
 時間融通きくし云々・・・」

って話が延々とはじまっちゃって、私、「しまったな」と(苦笑

こっちから聞いちゃったもんだから、まぁ『一通り泳がせて』、ですね、
言葉の継ぎ目に、「あの~」って強引にねじ込みましたよ、話、終わんないから。

「あの~、で どっか良い所知りませんか・・・
 まぁ 私、あちこち探してみますわ」って。

私、白旗を上げるような形で、一方的に話、シャットダウンしてしまいました。

歯医者、探していたら、思わぬ形で敗者になる、というね。


とはいっても、

自慢話は、満たされない心を胡麻化すだけなので、
よろしい判断ではないですね。

ここぞとばかりにスペシャル感を出されても、私は対処に困りますしね。


まぁ こんな日常会話で人間性は判断されているという所に、
人間関係の難しさがあるわけで。

ということで、以上です。。。


何?


歯医者見つかったのかって!?

そんなのはボチボチやりますよ、ボチボチね。。。


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

忙しい、忙しいってなんのことやら

宅配便事業者の再配達の問題がクローズアップされていますが、
これ、人員が確保されていれば、起こりえなかった問題なんでしょうね。

しかも安価で(苦笑

これ、闇の部分だと思うのですが、
現場で働く人たちは昔っからボヤいていました。

「時間内に配り終わんないですよ」って。

やはり、アマゾンだとか、オークションだとかネット通販が盛んになって
超劇的に忙しくなった、という。

現場の人は、「俺もセドリやりたいですよね。でもまぁそんな時間ないですけど」
って言ってます。

この忙しいというのも、体質で、忙しいというのに終わりはないです。

というか、宅配便事業者の今のシステムが、
単価が安いので数をこなして稼ぐから忙しいと思うんですよ。

大口のお客さん(工場だとかの物品流通)は、
今契約している宅配便事業者よりも安いところを目を皿のようにして探しているし。

もうね、業界自体がどうしても忙しくなるようなシステムなので、
こうなってしまうと思うんですよ。


個人で見てもそうですよ。


忙しい、忙しいって言っている人、そうでしょう。

自ら、忙しいところに飛び込んでいる、
自分で忙しくしているだけです。

ある人が、それこそ、忙しい、忙しい、時間がとれないって言うので
私は密着したわけですよ。

すると、何ということでしょう。

全部自分でやっているっていう、オチですよ。

他人(ひと)任せにはけっしてしない、という。

言ってしまえば、それだけ。

わざわざ銀行行くとか、最近買った、土地の管理も自分一人でやるとか、
もう少しうまくやろうよっていうね。

言ってみれば、みそ汁作るのに毎回、魚釣ってきて、干して、
そっから出汁をとるみたいな、手間暇なわけですよ。

粉末でいいじゃん、ていうね。

いや、趣味で、とか、時間があってとかだったらもちろんいいですよ。

じゃなくて忙しい忙しいなんだから、粉末でいいじゃん、ていうね。

要するに時間割を見直そうよって話ですよ。


忙しいってのは基本的に自分がその時間に拘束されるから忙しいわけで。


そうしたらその時間工夫して何とか回避しないと暇になっていかないと思うんですよ。

話が逸れましたが、

宅配便事業は結局最後の配送の部分はアナログになってくる、
ここが忙しくなっていく要素ですよね。

現場の人、ヒーヒーなっちゃう。

だから、今のシステム変えなきゃいけない。


では、どのように改善していけばいいのか?

申し訳ないが私にはわからないですけど、
それは、宅配便事業のエラい人が考えること。

それが、エラい人の仕事なわけだし(笑


でも本当、取り返しがつかない事が起こる前に改善すべきですよね。

忙しい、忙しいって言ってても何にも変わらないです。

忙しい、忙しいっ言ってるうちに人生終わっちまいますよ。


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

で なに?

まいっちゃいましたよね。

初老のお二人の会話なんですけどね。

「あのね、スーパーの隣のあそこ、あそこコンビニになるそうですよ」

「おぉ~、竹林になっているあそこ、駐車場になりますよ」

っていう、

雑談ていうか、情報交換をしていたんですよ、お二人。

そしたら、次の話が、

「あの~、ほら、あの、工場(こうじょう)みたいな、あのタナカさん家を曲がった、
 向かいの、ほら、クリーニング屋が近い~、あの、ほら・・・あれ・・・」


「え、スズキさんのお宅?」


「そうじゃなくて、ほら、あそこ、あそこ・・・」


「えぇ・・・どこだ!?」


「あの~、ほら、あの、工場(こうじょう)みたいな、あのタナカさん家を曲がった、
 向かいの、ほら、クリーニング屋が近い~、中小企業みたいな~あの、ほら・・・あれ・・・」


「食堂があるところ・・・じゃないでしょ?」


「そうじゃなくて、ほら、あの~・・・」


よくあるじゃないですか、『出てこない』。

で 私、何となくピンときたので
憚りながら、口をはさんだんですよ。


「サイトウさんの工場(こうば)じゃない?」


そしたら、


「そう!! そうそうそうそう!」


「あぁ~工場(こうば)か~、アンタ工場(こうじょう)なんて規模ないじゃない~」


二人「アッハッハッハッ~」


「ところで、あの工場(こうば)がどうしたの?何か活用されるの?」


そしたら、例の、工場(こうば)の場所を一生懸命説明していた初老の男性、


「え、いや、あそこもキレイになればいいよなって。」



えぇー



一生懸命説明して、思い出させて、それー、っていうね。


で さらには、その一生懸命思い出させていた、初老の男性、

私の父っていうね。。。


っていう、話です(苦笑

クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>
Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク