FC2ブログ
スポンサードリンク

超高齢社会

世界でも類を見ない超高齢社会に突入している
ニッポンなのでありますが、つくづく痛感します。これ。

最近電車に乗ると(特に昼間の移動)、乗車してくる人が
次から次へとお年寄りだという事があります。特に田舎だと。

で 席を譲ろうなんて時に、誰にお声がけして良いのか困る、という(苦笑

「この人は・・・若々しいのかな、それとも若いのか・・・
 こっちの人は、絶対お年寄りだけど、矍鑠とされてるよな・・・」

みたいな葛藤。

なので、最近は、最初から席に座らないという選択が多いです。私は。


まぁ どこ行ってもこんな状況なので今更なわけなんですけれどもね。


そうそう。最近のお年寄りって、一昔前(20~30年程前)よりも穏やかな人が増えた気がします。

いきなり他人様に対して叱るというか、怒れる爺さまはいなくなったのかなぁと。

これが、一昔前だと波平さんみたいに「バカモン!」という
怒れる爺さまが多数いたような気がします。


まぁ 波平さんは54歳だけれども・・・あの見た目というか、
『一昔前の』って事でご納得いただきたい(笑


怒れる爺さまがいなくなった1つは、
戦中を知る人が少なくなったからかなぁと思います。

私なんかは、今年36歳なんですが、
ガキんちょの頃、まだまだ武闘派みたいな爺さまたくさんおりました。

そういう人ってたいがい、元軍人。

『予科練帰りの暴れん坊』とか、『満州でブイブイいわせていた辰さん』
『地獄の戦場から舞い戻った漢』というような、セガールもビックリな
爺さまがおりましたよ。当時は。

普段は、日がな一日ランニング一枚で外でボーッとしている。

で 下校時の児童とかに『キャッキャッ、サルか貴様ら、ウルサイ!』
とかって叱り飛ばしておりました。それはそれは恐ろしかった。。。

まぁそういうのも社会性を学ぶという機会だったわけだけれども。

でも当時は恐ろしいし、嫌だった。

不謹慎な事も考えました。早くいなくなればいいのに、なんて。。。

けど、怒り爺さまは凄かった。


人間、対応力でその人となりが分かる。


火事が起こったんですよ。12月の底冷えする日でした。


大変なのが、中に人がいる。


12月の乾燥した空気ですから火の回りも早い。


でも、消防はまだ来ない!


そんな状況下、ある一人が、ダーッと物凄い勢いで駆けつけて、
水を頭からバサーッと被って、中に飛び込んでいった。


誰あろう、

あの怒り爺さまですよ。


この寒さの中、水被って、屋内に飛び込んだ。

あの行動というか、あの咄嗟の判断は今でも忘れない。凄まじかった。

みんなが「爺さん、危ない、危ないよ!!」

って引き留めようとしているのに、怒り爺さま。


「爆弾降って来ないんだから大したことない!!」


もうね、戦争経験者の顔なんですよ。もう。

速かったなぁ、ダーッと行ってね。

火の中に飛び込んで行っちゃうんだから。



この出来事があり、次の日からもう英雄です。

『人の命を救った爺さま』って。

もううるさいだけの、恐ろしいだけの爺さまではなくなったわけです。


さすがに恐ろしいのは変わらないけれど、なんかこっちの気持ちは変わりました。

畏敬の念だったんでしょうね、ただ恐ろしいのとは違う、
そしてずっと私らを見守っていてくれているという、
ずっと見守っていてほしいという。


まぁこういう爺さまも、滅多にいるわけではないと思うけど、
それでも、うるさ型減ったなぁ。

今は、グループで楽しそうな爺さまばかりだからなぁ。

時代が良いって事なんでしょうねぇ。


クリックはこちらです。
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

Secre

平和ですね。

波平さん意外と若いんですね!
穏やかでいたいですね。
平和が続いてほしいです。

今月、最新記事や記事ランキングが見れる「最新ブログランキング」ができました。是非登録して頂きたいと思いコメント致しました。アプリも制作したのですが、ブログ登録数が少なく、リリースできない状況です。よろしければ、ご登録して頂けると嬉しいです。宣伝失礼しました。

Re: 平和ですね。

>みいみさん

本当、平和が続いてほしいですね。
平和が続くためにも怒り親父には老骨にムチを打って
立ち上がってもらいたいものです。
Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク