スポンサードリンク

夢見心地のときには何を言ってもその耳には届かず

要は話を聞かないって話です。

話を聞かないと一口にいっても、
そのタイプたるや二通りあると思っています。

一つは、厳密にいうならば、話を聞かないではなく、
話を良く聞かないズボラな人。

こういう人は大事な話をされても、後になって
「そんなの聞いてない!」なんて言い出します。

まぁ ギャーギャー後から騒いでも、やがては誰からも相手にされなくなります。
いくら保護手厚いニッポンでも。

で もう一つは、話が聞こえなくなっちゃう、
声が届かなくなっちゃう人。

今でいうとトランプ氏のような人なんですかね。

「メキシコとの国境沿いに壁を作る!」という。

全長、3141㎞の壁・・・

因みにベルリンの壁は155㎞で、9年がかり。

対して、アメリカメキシコ国境の壁、全長、3141㎞の壁・・・


その頃にはトランプ氏、土に還ってるだろ(苦笑


何百年かかるんだ、というね。


話が脱線しましたが、

このような、声が届かないトランプタイプっていますよね。

私の知人にもおりまして、金儲けアイディアが浮かぶと、すぐ話を持ってくる人がいます。

ただこの人の凄い所は、「このアイディアどうだろうか?」という段階で否応もなく、
もう手始めに取り組み始めてる事。

だから、「どうだろうか?」もクソもないのである。

なにせ、もう始めちゃっているのだから(苦笑

もうね、背中を押してほしいだけなんですよ。この人。

ただ、注意というか苦言というか必ずするんですよ。

『努めて冷静にね』とか『この言い回しヤバいでしょ』とか
『そもそもこの案稚拙じゃね』とか(苦笑

で 本人、ウンウンと話を聞いてはおりますが、入ってないです。

私が同じようなシュチュエーションで失敗した話とか、詐欺にあった話とか
散々するわけですよ。


でも顔つき変わらず、ほぼ無反応。


「こうやってやると、10億円の売上ですよ!」、「世界展開ですよ!!」

という話をする時だけは目を輝かせ、口角泡を飛ばして話すわけですが
鈍感なのか、ぶっ飛んでるんだか、他人事のような顔をしているわけですよ。

この人自身も過去に何度もダマされたり、
債権回収が出来なくて痛い思いをしているのにも関わらず・・・

もう少し賢くなってしかるべきですが、まぁ振り返らないんでしょうねぇ。

ですから、最終的には言える事はただ一つ。

「がんばれ」

多少、ツマづいた時でないと、その自信とやる気を崩せないです。

夢見心地のときには何を言ってもその耳には届かず、ですね。


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

コメントの投稿

Secre

Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク