FC2ブログ
スポンサードリンク

行政書士という生き方 2

続きです。

行政書士という生き方 
http://blogyes.blog59.fc2.com/blog-entry-1806.html

さて、2つ目の理由ですが、頭でっかちという所ですかね。

行政書士の試験むちゃくちゃ難しいと思います。

あれは細かい部分の正確さを問われる試験ですから、
受験勉強で鳴らした猛者でないと大変だと思います。

記憶、記憶、また記憶!だから。

よく、資格試験の標準勉強時間みたいなので、
『6か月~1年』とか書いておりますよね。

あの期間で受かる人って、椅子に黙って座ってられる(相当集中力のある)
記憶力の良い人ではないかと思います。むしろ、それ前提、みたいな。

でなければ、毎年5万人受けて、10%届かないくらいの合格者数にはならないでしょう。

現に、1回で受かったという人、私の知る20人の行政書士の中にいたかなぁ・・・

1人いたんだっけなぁ?どうかなぁ、という感じです。

で 結局何が言いたいのかというと、こんなにまで大変な想いをして見事資格取得しても
資格を取ってからが、本当の勝負だから、なんですよ。

資格取得する人の中に、学者肌みたいな人も多くて、営業が疎かになっちゃう人が多いです。

なんかね、書士会の会合ばっか行ってみたり、セミナー行ってみたり、
今度は営業の勉強(机上にて)やりはじめたり。。。


客の方を向いてない、という(苦笑


書を捨て町に出よう、じゃないけど飛び込みでもやっていた方がまだ
きっかけがつかめるのではないかと思います。

最後の3つ目ですが、これは単純。

行政書士は公務員もライバル、という。

公務員で25年行政事務をやった人は、行政書士取得できますよね。

あれ、有利ですよ。間違いなく。


金持ちの息子が起業するのと同じくらい有利(苦笑


行政職を退いて、行政書士登録する・・・
これは何かありますから。確実に。

これはもうルートセールスみたいな、特定の業界に顔が利くからとか、
勘所があるから開業という人が多いです。

もうね、こういう人は政治家ですよ。

公務員でいますからね。政治力のある人。

在職中にあれよあれよと、ネットワーク広げますからね。

飲み会開きますよ(笑

こういう人はもうヒモ付きみたいなものでアテがあるわけで。仕事の。

要はこういう政治力のある顔役と地域において少ないパイを奪い合う、
これが難しい要因の3つ目です。

何だか、ここまでの話だと、行政書士を否定的に捉えてしまうかもしれませんが
けっしてそうではなくて、勉強だけでは無いって事が言いたいんですよ。


資格所得後は何の事はない、一人のビジネスマンだという事です。


だからこそ逆に成功している人(食えてる人)はいるし、そういう人は
得意分野を持っています。

風営許可ばっかりやる人とか、相続問題得意な人とか、
他業種とベッタリな人とか。

ま これらの人たちは大前提としてビジネスマンとして一流だということ。

恐らくは行政書士という生き方ではなくとも、成功している人たちでしょう。

という事で、前述したような背景、事情が少しでもご理解に役立てば、と思います。

生半可な覚悟だと資格所得後、開業してもバイトしないと食っていけない、
という事になるかと存じます。

生半可な覚悟で行政書士を目指すのなら、他の仕事一生懸命やった方が
よっぽど人生の限られた時間が有意義だと私は思いますよ。


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

コメントの投稿

Secre

Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク