スポンサードリンク

忙しい、忙しいってなんのことやら

宅配便事業者の再配達の問題がクローズアップされていますが、
これ、人員が確保されていれば、起こりえなかった問題なんでしょうね。

しかも安価で(苦笑

これ、闇の部分だと思うのですが、
現場で働く人たちは昔っからボヤいていました。

「時間内に配り終わんないですよ」って。

やはり、アマゾンだとか、オークションだとかネット通販が盛んになって
超劇的に忙しくなった、という。

現場の人は、「俺もセドリやりたいですよね。でもまぁそんな時間ないですけど」
って言ってます。

この忙しいというのも、体質で、忙しいというのに終わりはないです。

というか、宅配便事業者の今のシステムが、
単価が安いので数をこなして稼ぐから忙しいと思うんですよ。

大口のお客さん(工場だとかの物品流通)は、
今契約している宅配便事業者よりも安いところを目を皿のようにして探しているし。

もうね、業界自体がどうしても忙しくなるようなシステムなので、
こうなってしまうと思うんですよ。


個人で見てもそうですよ。


忙しい、忙しいって言っている人、そうでしょう。

自ら、忙しいところに飛び込んでいる、
自分で忙しくしているだけです。

ある人が、それこそ、忙しい、忙しい、時間がとれないって言うので
私は密着したわけですよ。

すると、何ということでしょう。

全部自分でやっているっていう、オチですよ。

他人(ひと)任せにはけっしてしない、という。

言ってしまえば、それだけ。

わざわざ銀行行くとか、最近買った、土地の管理も自分一人でやるとか、
もう少しうまくやろうよっていうね。

言ってみれば、みそ汁作るのに毎回、魚釣ってきて、干して、
そっから出汁をとるみたいな、手間暇なわけですよ。

粉末でいいじゃん、ていうね。

いや、趣味で、とか、時間があってとかだったらもちろんいいですよ。

じゃなくて忙しい忙しいなんだから、粉末でいいじゃん、ていうね。

要するに時間割を見直そうよって話ですよ。


忙しいってのは基本的に自分がその時間に拘束されるから忙しいわけで。


そうしたらその時間工夫して何とか回避しないと暇になっていかないと思うんですよ。

話が逸れましたが、

宅配便事業は結局最後の配送の部分はアナログになってくる、
ここが忙しくなっていく要素ですよね。

現場の人、ヒーヒーなっちゃう。

だから、今のシステム変えなきゃいけない。


では、どのように改善していけばいいのか?

申し訳ないが私にはわからないですけど、
それは、宅配便事業のエラい人が考えること。

それが、エラい人の仕事なわけだし(笑


でも本当、取り返しがつかない事が起こる前に改善すべきですよね。

忙しい、忙しいって言ってても何にも変わらないです。

忙しい、忙しいっ言ってるうちに人生終わっちまいますよ。


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

コメントの投稿

Secre

Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク