スポンサードリンク

丁度良い、は難しい

営業、と聞くとどういったイメージを持ちますかね?

営業って言葉。

私なんかは、売り込む、というような
結構ハードにガンガン飛び込むイメージがあります。

でも、近年の時世というんですかね、今時って結構大人しいですよね。

車屋さん(ディーラー)なんかでも、あんまりガンガン売り込みません。

一昔前よりも上品になった、というか淡泊になったというか
とにかくあおんな感じで、かなり薄味、あっさりしております。

「オススメですよ。いかがですか?」

「今はいいや」

「そうですか。」

ってなもんですよ。


これが一昔前だったら、

「オススメですよ。いかがですか?」

「今はいいや」

「今いらなくても、一週間後必要になりますよ!」

と、食らいつくのが、なんか営業の初歩というか醍醐味というか、
営業は断られてからが勝負!というメンタリティがあったように思いますが。

コンプラ順守、労働条件の順守、ルールは絶対な世の中ですから、
企業もあんまり厳しくは求めなくなったのでしょうかねぇ?

これで、売上上がるのか!?なんて、感じちゃうのは下世話でしょうかね。


ところで、

逆に営業がやかましくなった業態もあります。

飲食店はやかましい所増えましたね。

あの元気系、というのか、元気の押し売り系とでもいうのかあるじゃないですか。

『今日も元気に営業中!』みたいな、相田みつを的なボキャブラリーで
自署っぽく墨書き風の店ね。

スタッフもなんか、キャラ立てちゃって、元気な雰囲気を作っている店。

あっくん  趣味サーフィン 特技ウクレレ 

みたいな名札を下げている店ですよ。

ああいう店で多いのが何かしら売り込んでくる事なんですよね。

「当店、メガハイボールがお得ですね!」みたいなね。

「あぁ・・・じゃそれ」

「オーダーいただきました!!」「あいよ!!!」

みたいな掛け合いというか、なんか向こうのペースで。

挙句、「当店、上がりに稲庭風うどんがオススメです!」って。

もうね、何でもかんでも、ぶっこんでくるんですよね、何でもかんでも。

で 稲庭じゃなくて、稲庭風て ふう ですよ。

そういえば、メニューにシチリア風みたいな、ナントカ風ってなのばっかでしたな。。。 


もうね、いろんな意味でおなか一杯というね(苦笑


まぁ こういう店はいかなければ良いだけなんですけどね。

ところが、付き合いで足を踏み入れてしまう事があるのが難です。

先日も、芝大門の焼肉屋でもやたら売り込まれましたからビックリです。

飲み物から、サラダ、肉はもちろんデザートに至るまで、
『これがいい、あれがいい!』でした。

もうね、肉の味もたいして覚えてないですよ、そこは。


その店の肉の厚さよりも、スタッフの熱さの方が思い出せる・・・


ま そういうわけで、売り込みは時と場合ですよ、絶対。

痒くないのにキンカンは売れませんよ。


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

コメントの投稿

Secre

Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク