FC2ブログ
スポンサードリンク

アパートの一括借り上げについて

揉めております。


アパートの建築請負・賃貸を手がける「レオパレス21」(東京)に修繕費を支払っているにもかかわらず、
契約にもとづいた修繕が実施されていないとして、東海地方をのぞく全国のオーナー45人が9月20日、
同社を相手取り、これまで支払った計約2億4300万円の返還などを求めて東京地裁に提訴した。

訴状などによると、原告らオーナーはいずれも、レオパレスから勧誘を受けて、アパートを建築したうえで、
同社に一括賃貸する契約を結んでいる。レオパレスはオーナーたちから借り上げたアパートを入居者に転貸している。

各オーナーはレオパレスとの間で、賃貸借契約のほか、建物メンテナンス契約も結び、同社に対して修繕費を支払っている。
ところが、オーナーでつくる「LPオーナー会」が調べたところ、ほとんどのアパートで、屋根や外壁の塗りかえなど、
契約にもとづいた予定で修繕が実施されていないことが判明したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00006695-bengocom-soci


こういったトラブルは、悪いのですが、『起こるべくして起こった』
というのが私の思うところなのでありますが、そもそも、そもそも、です。

このサブリース契約(又貸し)。

私、生きている中で、出会った、人、企業で良く言う人って、
誰一人としてお会いした事がないです。

士業は、しょっちゅうトラブル相談持ち込まれているから当たり前として、
不動産業者や内装屋さんといった関係各所で、良く言わない、聞かない。

むしろ、「アレはない。」

みたいな事を言います。

広告で成り立つ、雑誌やTVでも定期的に、『今、トラブルが急増しているんです。』
というような特集するし。

世の中の風向き、世論は向かい風なはずなんですよ、この手の商売やる人たちに対して。

もう、ネタバレしている、という。

それでも支持する、地主もいるわけで。。。

それが現実です。

ま 現在の法律では、借家人の権利が強いわけで。

加えて、又貸し、転貸借契約になるとよほどの悪党(背信的行為)でないと
転借人には手が出せないです。

貸主の権利たるや、相当弱い。


さらには、大前提を申しますと、

あなたの金儲けを他人が手伝ってくれる事などありえない。


その金儲け、ビジネスをアカの他人に丸投げしている時点でもうそれは、
責任回避もうそうだし、『一番おいしい所を相手にあげちゃう』ってそういう話ですからね。


一番面倒と感じる部分で他人に依存した時点で負ける可能性は高くなる。


で 自分の思い通りにいかなくなってはじめて、

『ダマされた』

と声を上げるほうが実は一番面倒です。

もう子供ではない、良し悪しの判断の出来る大人ですから
自分が理解出来る事でない事はしないほうがいいです。

他人に依存するのも、ね。


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

コメントの投稿

Secre

Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク