スポンサードリンク

忖度はあるのか。

忖度という言葉が流行りだして(?)一年ほど経ったかと存じますが
現政権においての問題として未だに続いております。

最近では書き換え問題が出てきておりますから、
『忖度はあった』という事なのでしょうけどね。

どうも、安部昭恵夫人への忖度のようですから
権力者、ましてや総理ともなると絶大な権力だって事が伺えます。

ま 顔なじみってだけで、コネって生まれるので総理大臣なんていったら凄まじんでしょうね。

それでも、権力を駆使した利権のようなものって
最近は割と少なくなっているなぁとは思うんですけどね。

政治家の利権というと、昔から土地の開発やら、
許認可申請に関わるものが良くあったと思うんですよ。

やはり、大きなカネが動く機会は利権発生しますからね。

A地域に開発(道路を通すとか)するって話を聞いきつけて、
それが数年後だから先回りして周辺の土地を購入しておくとか、
B地域にも道路を通して見返りをもらうとかそういう。

許認可申請は、許可が出ない申請を通るように根回ししたりとか。

農地転用なんかだと昔は、(数年前までか)結構ありましたよね。

申請の許可決定は最終的には委員会。

この委員会というのはなかなかに香ばしい臭いのするグループで、
推薦とか任命とかで個人が選ばれていくのでその時点で忖度があるわけで。

地元の繋がりって大事よね、的な。

で その委員会の決定で許認可が下りるわけですから、
何かをしてもらったら、ありがとうを言う。

これ、実に人間らしい営みじゃないですか。

医者も昔は袖の下あったわけだし。。。


あ 今もか(笑


後は隠蔽とかですかね。

軽微なトラブル程度ならもちろん何のその、
交通違反、万引きぐらいだと隠蔽はできていたのではないでしょうか。

「調書を抜いておいてください」みたいな。


横領を隠蔽するというのもあった気がします。

数年前ですが、市長の息子が200万円を横領したので首になったらしいです。役所を。

ギャンブルが元による借金返済が使途だとか。

でも、横領自体は内々で処理されているので、事件化していないし
事件化もしていないので、依願退職で普通に退職金も受け取って辞めて行く、という。

ま 市長の息子が役所に就職した、という時点で忖度を疑うというものですが(苦笑


何か、こう見ていくと忖度される立場にある人はボンクラな気がしますけどね。

実力者は忖度なんか必要としないでしょうからね。

忖度はダメさ加減に拍車をかけるな、これ。


人間あまり楽をしない方が強い人間になる事は間違いない。


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

コメントの投稿

Secre

Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク