FC2ブログ
スポンサードリンク

アパレル店員 栄枯盛衰

関東を台風が過ぎ去っていった月末なのでありますが、
今月いっぱいでひっそりと(?)閉める洋服屋(アパレルブランド)
というのもあります。

DCブランドブームなんて言われたのは、数十年前ですが
そういったブームというのは必ず去り、また新たなブームと共に
絶えず世の中は動いていきます。

この洋服屋の店員、ショップ店員というのも職業的には低く見られがちで
中々に苦労の絶えない職業です。


まず、カネ借りるの大変だし(苦笑


社会的な信用がそう多くはない職業ですから、家を買うのが大変ですから。

そもそも簿給だし、会社自体もそれほど信用度が高くない会社も多くあるし、
構造的に不景気産業。
オマケに、水商売みたいなものなので、基本、若いうちが花、的な要素もあるし。

中には、オッサン・・・いや、レジェンドみたいに残っていく人もいるにはいるけど
長年の立ち仕事としての疲れが蓄積されて、ヘルニアにはなるわ、ハゲてくるわ
いい歳して貯金ないわ、みたいな人は多いです。

貯金どころか、人知れず、自己破産な人も結構な確率でおりますしね。

じゃあ女性ならどうなんだろうって、女性は女性でもっと大変なのではないでしょうか。

基本水商売なので・・・ そういう事ですよ。

やっぱりアパレル店員、ショップ店員は若い方が良い気がします。

なぜなら、ヤングのトレンドで動いていく業界だから。


少なくとも、草臥れたおっさんおばさんが立っちゃダメだ。


なんで、疲れたおっさんおばさんがいるのかというと、
よっぽどのレジェンドか、他にやる気もないかどちらかだと思います。

まぁ レジェンドなら草臥れたはないだろうが(笑

覇気があります、覇気が。


アパレル店員、ショップ店員というのも中々に現金なもので
若いうちに頭角を現す人がいて、そういう人は見切りをつけて
出ていっちゃいますよね。

自慢の営業力を生かして、マンションの営業マンになったり、
宝石の売り子になったりする人が多かったですかね。

まぁ アパレル商品は今や、人よりもスマホの方が売ります。

通勤電車の中で気に入った洋服をワンクリックでお試し。

気に入らなければこれまた簡単に返品可能。

お金が口座になくても大丈夫。

金利を負担してくれ、実質無利息の分割で洋服を買えちゃう、という。

そういうシステムを作り、大儲けしているのがZOZOTOWN 
前澤社長っていうのが分かりやすい。

要するに、対面販売というのが全時代的な商行為で、
不景気っていうのも当たり前なのかもしれません。

人の時間の使い方が変わっているわけだし。

私個人的には自分もアナログだし、対面販売好きですから全時代的なんですけどね。

が しかし今は基本的にはDCブランドみたいなのは
難しいんでしょうね。

ハイブランドは生き残っているけれど、宣伝強化したり、
通販に力を入れたりと変化にうまく対応しております。

草臥れたおっさんおばさんというのは、先が見えてしまって
ハナから諦めたのだろう。

いやいや、違うから。

アパレルは流行ものだから。

常に変化に、流行に敏感なんだ、そもそもアパレル業界は。

ベクトルが違っちゃってて、不景気もクソもないだろう。

クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

コメントの投稿

Secre

Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク