FC2ブログ
スポンサードリンク

裏選対に従事していた人間は切り捨てられる。

日本ボクシング連盟会長の話で持ちきりですが。

何だか最近、組織の膿が表面化するというようなニュースが多いですね。

権力を使った利益誘導といいましょうか、
と思ったけれどそうだ。

権力ってそもそも利益誘導ですね(笑

何をか言わんやですね。。。


さて、この山根会長のようなキャラってのは、古く長い組織において存在するわけですが
きっとこの人、若い頃は、改革者というか新たな決め事なんかも推進していったのでしょう。

ブイブイと。

で それが年齢と共に保守になっていっただけで。

年数と共に、己の存在価値も上がっていく。

権力者が長い年数居座ると、どんなに最初ヤングで清廉潔白でも
時間は悲惨なもので、それなりに薄汚れていく。やがて独裁と化す。

そら、みかんも腐るわけです。

幕末だって、最初、田舎侍で藩においても下級武士出身者が幕府を倒し、
己が政府高官になったら、いきなり西洋風のデカい屋敷に住んで、妾も囲い、
草臥れた草履での移動が、馬車になったわけで。

そら、西郷さんも下野するわ、って。

少し話しがそれましたが、この権力者。

権力者に上り詰める過程において、この独裁者タイプの猪突猛進な人間て必要なんですよね。

何かを成し遂げるためには必要。


だけど、用事が済めば居場所はなくなる。

それこそ、幕末でいうと、偽官軍という汚名着せられて処刑された
相楽総三なんか典型ですね。

そういう意味では最後、征韓論で岩倉や大久保に謀られ居場所を追われた感のある
西郷さんも相楽総三の件では切り捨てたけれど、今度は自分が切り捨てられるという、
政争って怖いです。

昔、営業マンでも似たような話がありましたっけ。

生保の営業の統括をやっている支部長がいて、激務だからか人の出入りが相当激しいと。

でも、それで良いんですって。

なぜなら、入社して最初営業マンがやるべき事って、一族郎党じゃないけど、
身内とか親族とか友人知人、片っ端から攻めて、契約をとらせる。

で そういう人脈的な玉が尽きた頃に辞めてもらうのは、一向に構わないって。

もう刈り取るものがないほど刈り取れば後は、もう結構、と。

中には根性のある人もいて、すんごい契約を持ってくる人もいる。

ただ、そういうスター営業マンみたいなのはどっかで無理をしているので、
グレーな事に手を染めていたりする。

そういう人はもちろん評価はされるけれど、
そのスター営業マンの成績で役員になった支部長はやがてスター営業マンを切り捨てる。

それは、都合の悪いグレーな事を抱えているからで、
キレイでコンプラ重視を目指す組織にはがん細胞でもあるから。


組織にとっては、必要な人材ってそれが永年続く事はないわけで。

明日は組織の都合で必要なくなるなんて時が必ずきます。


まぁ 今回の山根会長に関しては、きっと行き過ぎた点が多く、
自ら首を絞めている要素もあるのだろうけれど。

長い期間、あれだけの権力を持ちえたという事は組織に必要な時期も長かったであろうし、
恩恵を受けた人間もたくさんいるであろうし、そういう組織を自分が作ったとも言える。


すべてその時の組織の都合で神とも崇められれば、悪魔とも罵られる。


まぁ 日本ボクシング連盟の問題は詳しくは分かりませんが、
1つ言えるのは、山根会長の日本ボクシング連盟での役割は終わったって事でしょう。

それこそが組織の都合なわけで。


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

コメントの投稿

Secre

Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク