FC2ブログ
スポンサードリンク

お盆あれこれ

さて、お盆で帰省している人も多いと思うのですが、
お墓に行く貴重な機会でもあります。

私の住む田舎では、お墓の高さというのが1つの競り合いポイントになっていて
『あの爺さんだけには負あけたくない!』とかいって、その気に入らない爺さんの
お墓よりも高く石を積むという事で競り合っている人がいます。


そういう悪趣味極まりない競り合いを(苦笑


たかが、石のサイズが高いだけで何が、勝った負けたの溜飲なのか分かりませんが、
とりあえず分かったのは、馬鹿と煙は高いところへ上るというのは本当だという事です。

そういう意味では戒名も似たようなものですね。


お布施の金額によって居士、信士に分かれますよ~って、
松竹梅じゃないんだから(笑


実に日本的です。

山県有朋が悪しき先例(長い偉い戒名)を作ってしまったのがそもそも。


西郷さんよりも偉い(笑


一体あの世に行った時に幕末の偉大な先輩方にどう弁解したのでしょうかね?
偉くなって政権を担うようになってもやっている事は幕藩体制と変わらないし、
田舎者のやる事だ、って、田舎者か(苦笑

お墓もそうだし、お盆の迎え火なんかもそうですけど、もうね
お坊さんも仕来りなんかなんか守ってないですからね。

『今年は忙しいから』なんて理由で、迎え火3日前に拝みにきますからね、普通に。

で 『あ ちゃんと祭壇組んであるお宅は今年初めて見ました!』って
もうね、仕来りとか慣習崩壊です。

そのお坊さんて実は1度引退した方。


『今年は息子の代わりにきました』って。

『息子が糖尿病と痛風がヒドくて出歩けません』って。


これ、80歳の住職が34歳の住職である息子の代わりに、ですからね。

逆だろ、っていう感じです。


そりゃ、息子住職。

行く先々でビール飲んでいりゃそうなるわな、という。


まぁ 普段の行いって何かあると、輪をかけて論じられるので、お坊さんなんか
余計、普段からの節制が必要だったかもしれませんね。

ま お盆というのも昔みたいに盛大にはやらない、年々簡素化しておりますが、
それでも身内や親族が集まれる口実としては良い慣習。

自分たちの出来る範囲で、先祖と向き合うとか再開の良い機会という形で
残っていってくれれば良いのかと思います。

昔ながらの慣習ゆえに、ツッコミどころが満載というのがまた良い所か(笑


クリックはこちらです。人気ブログランキングへ>

コメントの投稿

Secre

Google&Yahoo!
Add to Google My Yahoo!に追加
ようこそ!
お問合せは、tenora_lts@yahoo.co.jp
※当サイトはリンクフリーです。

ティノラー

Author:ティノラー
ようこそ!

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
このブログの現在の順位です。
いらっしゃい
最新コメント
アクセス
  • seo
アドパートナー
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク